みんろぐ

デジモノ系の話題を書いてます。最近はApple製品が中心(iPhone・iPad・Mac)

無印キンドルを買ってみた

2014年発売の第7世代Kindleより、日本でも無印Kindleが発売となりまして。 「プライム会員なら3000円引き!」で3980円という格安価格で手に入るキャンペーンが 背中を押してくれて先日ポチッとしてしまいました。

Kindle Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル

Kindle Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル

事前調査としてレビューやブログ記事などを見る限りでは、 「これまでPaperwhiteを使ってた人はバックライトないのはキツイ」、 という意見が目立つところでしたが、 まあそれなら私のように「これまでKindleユーザではなかった人」には 特に気にならないだろうと。

で、届きました。さすがお急ぎ便。すぐです。

まずびっくりしたのが、タッチパネルの感度が良いですね。 画面の切り替えもそこまで煩わしくなく。 昔友人のを触らせてもらったときの印象は、 「スマホの足元にも及ばないな」て感じで、 「これはボタンないとダメだわ」と思ってましたが、技術改良が進んだみたいです。 さすがに「しっくりくる」とまではいかないのですが、 電源ボタン以外は一切ハードキーはなくても、読書する分には全然問題ないです。

画面も、読書するうえでは読みやすいです。「漫画はダメだろうな」と思い込んでいましたが、 そんなこともなく。普通に読めます。まあでも、これはiPhoneiPadで読んだ方が良い。 低解像度のせいか小さい文字は少しつぶれてしまうし、濃淡が薄め?かな。 白基調で線が細いと見づらい場合がありました。 ま、残像はあまり気にならないですし、Kindleでも全然楽しく漫画は読めます。

iPhoneKindleアプリとして大きく違う点として、 「ほかのユーザがアンダーラインを引いた部分がわかる」というところがかなり大きいですね。 本物の本だとアンダーラインを引くのは好きなのですが、 Kindle本ではアンダーラインを引くクセがなかなかつかず。 これはタッチパネルがぐーんと使いやすいiPhoneでさえも。 でも、Kindleだとほかの人が引いている部分がわかるので、意識できて良いです。

電池もすごく持つし、軽い!! 持ち歩きにベストですね。 保護フィルムやカバーも売ってますが、 安いのでそこまで気を遣う必要もないかと思って、裸のまま使ってます。

Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル

Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル

Kindle Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル

Kindle Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル

Kindle Paperwhite Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル

Kindle Paperwhite Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル

実際はVoyageも気になるけど、価格差を考えれば無印で十分だなー。