みんろぐ

デジモノ系の話題を書いてます。最近はApple製品が中心(iPhone・iPad・Mac)

「PowerShot G7X Mark II」を初動員したぜ さらに散財沼へ。。。

先日友人の結婚式に招待されたので、Canonの「PowerShot G7X Mark II」を持ち込みました。いやー、いいですね、さすがは1インチセンサーです。マンフロットのミニ三脚と組み合わせて使いましたが、これがもう最高の組み合わせ! 三脚部分は閉じて、グリップとして使いましたが、大勢の方の中で決めどころの写真を逃さず撮るなら、ぐーっと腕を伸ばせば、良いアングルで写真がカメラを安定させたまま撮れます。バリアングル液晶のおかげで、ちゃんとフレーミングもできますし、多少暗くても大丈夫です。ただ、後ろの方には少し邪魔だったかもしれませんね。写真なら短時間で腕を下ろせますが、動画の場合は長時間になるので気をつけなければ。

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B

グリップがわりにもなるところが本当に素晴らしいです。それでいて、そこまで高くない。マストアイテムですよ。いろんなところに固定したいなら、ゴリラポッドもいいですね。ちょっとゴツくなってしまうので、マンフロットのミニ三脚が個人的にはおすすめです。iPhoneの三脚固定用のホルダーもあれば、iPhoneも固定可能です。ただし、iPhone7Plusなど大型のスマートフォンの場合はギリギリホールドできない場合もありますので、サイズは注意してください。

上下両方に三脚穴があれば、LEDライトなども取り付けられていいんですけどね。

で、G7Xの話に戻りますが、まったく知らなかった機能を1つ紹介させてください。iPhoneのLive Photoのような機能がG7Xにもありまして、「プラスムービーオート」という機能です。シャッターを切るまでの4秒間を動画に残しておいてくれて、自動的に1日分の動画としてまとめてくれます。個人的には別々の動画にしておいてくれた方が編集に使いやすいのでいいんですけどね。動画となるとみんな身構えたりしますが、あくまでも写真を撮るという前提ならリラックスした笑顔が残せます。これはいいですね。iPhoneのように動画を撮った後の数秒も確認できたらなー。
iPhoneよりもデジカメや一眼の方が「はいチーズ」の瞬間が少し長いのかな。撮る前4秒、とLive Photoよりも長いですが、ほしい映像としてはG7Xの方が理想に近い印象です。
今回は予備バッテリを持っていなかったこともあり、こまめに電源を切っていましたが、シャッターチャンスぎりぎりに電源をオンにすると、カメラを持ち上げた瞬間から動画に残るのでそこは注意が必要です。

予備バッテリは、キヤノンのキャンペーンでゲットし、約1ヶ月かかると言われていましたが、本日到着しました。3週間くらいでしたね。まあこれで安心して撮影しまくれます。

外付ストロボのパワーを感じる機会があり、当たり前ですがやはり写真映えが全然違いますね。感動的なまでに全然違いました。ビックリ。
純正品がかなり高価ですし、重さもかなりあるので、「いずれ」「いずれ」とストロボは見送り続けてきましたが、これを機にまずは安物を買ってみようかなと。ポチってみました。
ただG7Xにはホットシューがないので、取り付けられないんですよね。「EOS Kiss X5」を動員する機会がまた増えるかな〜。まあ届いたらどこかに持ち込んで試してみなければ!

そしてそして、三脚とセットで使う前提ですが、以前購入したLEDライトをG7Xと一緒に使えるように、もう1つ、以下の製品を買ってみました。

これと三脚があれば、カメラ2台、カメラ+iPhoneの撮影もできますし、LEDライトやストロボをセットで使うこともOKと意外と汎用性高いんで、期待しています。何より安いところが素晴らしい。笑 もちろん重さには注意が必要です。