みんろぐ

デジモノ系の話題を書いてます。最近はApple製品が中心(iPhone・iPad・Mac)

【プチレビュー】「モバイルバッテリ」と「USB電源アダプタ」が合体して超便利 Anker PowerCore Fusion 5000

なぜか集めてしまう魅力がある「モバイルバッテリー」。またまた買ってしまいました。今回は「PowerCore Fusion 5000」という製品です。もちろん安定のAnker製。

「モバイルバッテリ」と「USB電源アダプタ」がひとつに

なんといっても魅力は「モバイルバッテリ」と「USB電源アダプタ」がひとつになっているところ。

これを普段の運用としてどちらに比重を置くか、で価値が変わってきそうです。私は「USB電源アダプタ」として捉えていて、会社に基本的に置きっ放しにしています。 というのも、容量が5000mAhしかないのです。なので、普段持ち歩いていても、「残量あんまりない…」というリスクが心配です。

なので、2ポートのUSB電源アダプタとして普段はコンセントに挿しっぱなしにしておいて、スマートフォンタブレットなどを同時に充電したいときなどに使っています。そして「iPhoneの電池がないけど会議室に行かなきゃ…」みたいなときに便利です。そのまま持ち出して充電し続けられます。

また、仮にバッテリ残量が少なくても、コンセントにそのまま挿しておけば充電もできてしまう! これが良いのです。 特にiPhoneiPad派の方は、モバイルバッテリーだけのためにmicroUSBケーブルを持ち歩かなければならないという方も多かったと思いますが、これがあればLightningケーブルに絞れます。

どんな場所でも快適に使える夢のデバイスです。

弱点は大きさと重さ

5000mAhの容量の割には少し大きく、重いのがネック。すぐに残量ゼロになるイメージがあり、「軽いだけではダメなのね」としてあまり使っていないのですが、かつて購入した「Anker Astro E1 5200mAh」と比べると、その差は歴然。

f:id:mintax:20170803221151j:plain

f:id:mintax:20170803221206j:plain

まあ「USB電源アダプタ」の機能がないので、その差です、と言われたらそれまでではありますが、後継モデルを出すならぜひ改善してほしいです。あるいは10000mAhにしてほしい。そしたら2〜3回くらいはiPhone7 Plusもフル充電できそうだし。

メーカー 製品名 容量 重さ 1g当たり容量 出力ポート数
Anker Astro E1 5200 mAh 121 g 43.0 mAh/g 1ポート
Anker PowerCore Fusion 5000(A1621) 5000 mAh 186 g 26.9 mAh/g 2ポート

Amazonアフィリエイトリンク

余談

あと欲しいのは、USB-C PowerDelivery対応のモバイルバッテリ。ニンテンドースイッチMacBookを快適に充電したいので。
ソーラーパネル付きも災害対策に買おう買おうと思ってはいますが、結構高価なので買えてなかったり。天災が起きたときにiPhone類が使えないのはつらいですからねー。まあ電気が復旧するまで、大量のモバイルバッテリの残量だけでやりくりできそうなくらいになってきたけれど笑

ではでは。