みんろぐ

デジモノ系の話題を書いてます。最近はApple製品が中心(iPhone・iPad・Mac)

【レビュー】cheeroの「2 in 1 巻き取り式USBケーブル ポケモンバージョン」を購入してみました。

先日購入したAnkerのモバイルバッテリ「PowerCore 10000」は、USBポートが1つ。ということでAmazon Basicの巻き取り式Lightningケーブル1本を携行して使っていますが、それだとmicroUSB給電のデバイスが充電できません。
以前使ってたモバイルバッテリは2ポートあったのでLightningとmicroUSBの両方を持ち歩いていましたが、今回のモバイルバッテリだとポートは1つなのに2本のケーブルを持ち歩くのもなんだかなあ…。

ということで2in1タイプを買ってみました。

f:id:mintax:20170826110616j:plain

モバイルバッテリなどでおなじみのcheeroさんの巻き取り式USBケーブル「2in1 Retractable USB Cable with Lightning & micro USB」のポケモンバージョンです。3色展開されており、赤をチョイス。

外観をチェック

f:id:mintax:20170826110620j:plain

仕様としては「microUSBケーブルにもLightningケーブルにもなる」「MFi準拠」「最長70cm」「充電・転送両対応」となっています。microUSBにキャップをつけてLightningケーブルとなります。線でつながっているので、なくす心配がありません。無理矢理引きちぎろうとすれば簡単にちぎれそうですが、普段使っている範囲では問題なさそう。

f:id:mintax:20170826110623j:plain

Amazon Basicのものと比べると、線が太くなっており、巻き取りを繰り返しても耐性がありそうです。そのぶんだけ大柄になっており、モバイルバッテリ収納ポーチに入るかどうかは要チェック。Anker純正品ならボコっとしてしまいますが、ちゃんと入りました。

急速充電の実力は?

iPhone7Plus + cheeroの巻き取り式USBケーブル(Lightning) + Anker PowerCore 10000

f:id:mintax:20170826110626j:plain

電圧:5.1V前後。電流:1.5A前後。

iPhone7Plus + Amazon Basicの巻き取り式USBケーブル(Lightning) + Anker PowerCore 10000

f:id:mintax:20170826110629j:plain

電圧:5.1V前後。電流:1.5A前後。

iPhone7Plusで試してみたところ、互角。iPad用の充電アダプタを使ったときと同様、急速充電ができています。

iPad Pro 10.5インチ + cheeroの巻き取り式USBケーブル(Lightning) + Anker PowerCore 10000

f:id:mintax:20170826110640j:plain

電圧:5.0V前後。電流:2.1A前後。

iPad Pro 10.5インチ + Amazon Basicの巻き取り式USBケーブル(Lightning) + Anker PowerCore 10000

f:id:mintax:20170826110634j:plain

電圧:5.0V前後。電流:2.2A前後。

こちらはAmazon Basicの方が0.1Aほど上回るという結果に。とはいえ、仕事量としては0.5Wの差ですので、あまり気にしなくても良いでしょう。
ある程度の大きさになると、microUSB -> Lightningの間でロスが発生してしまうのでしょうか。

まとめ

モバイルバッテリ・Wi-Fiルータ・オンイヤー型ヘッドフォンなど、microUSB給電デバイスの充電も問題なくできるようになりました。

本当はUSB-C(56Kレジスタ対応)も含めた3 in 1があるといいんですけどね。まあそれこそゴツくなってしまうので、microUSB - USB-C変換アダプタをベルクロテープなどで固定しておいてもいいかもしれない。
USB-PD対応のモバイルバッテリは持ってないから、あくまでも緊急回避的にしか使えませんけどね。

実は昨日、ちょうどMacBookをもってレストランに行ったらWi-Fiルータが電池切れになっており(前日使ったときに電源を切り忘れた)、痛い目を見ました。1日遅かったですが、これでなんとかなりそうです。

余談

あとで気づいたんですが、私よく似た製品を持っていました。Amazonで購入履歴を調べると、2015年に購入しており、cheeroの「2in1 USB Cable with micro USB & Lightning connector」というもの。断線等はありませんが、変色してきたので、最近は使っておらず、存在を忘れていました。

こちらもせっかくなので同条件で測定してみたところ…。

f:id:mintax:20170826194043j:plain

iPhone7Plusで、電圧:5.1V前後。電流:0.7A前後。電流量がかなり弱く、最新のものと比べると半分しか出力されていません。

f:id:mintax:20170826194048j:plain

一方のiPad Pro 10.5インチですが、こちらは電圧:5.0V前後。電流:1.9A前後。こちらは1割ほど少ないレベルにとどまっており、大健闘。まだまだ使えそうです(1分1秒を争っているときは、1割の差は大きいでしょうけども)。

というわけで、急速充電に対応したiPhoneを持っている方で古い充電ケーブルを使っている、という方は最新のものに変えてみると、充電時間がぐっと短縮できるかもしれません。
数値化するのは楽しいですね。USB-Cタイプの測定器も買ってみようかな〜。