みんろぐ

デジモノ系の話題を書いてます。最近はApple製品が中心(iPhone・iPad・Mac)

【戯言】続・ほぼ日手帳2018にまつわるエトセトラ

9月1日からほぼ日手帳が販売開始となり、初日で売り切れた商品もすでにいくつか。再販を検討されるものもありますが、それも確保できるかわかりませんから、定期的なウォッチと、気になる商品は早めに確保するようにしなければなりません。

ほぼ日手帳weeks MEGAはweeksカバーでちゃんと使えるのか問題

通常サイズよりもメモページが増えて厚みが倍増した「ほぼ日手帳weeks MEGA」は、カバーがちゃんと使えるのかという話を先日のエントリでしていましたが、実はすでに公式が回答をしてくれていました。

www.1101.com

基本的にはすべてのカバーにちゃんと入るとのこと。ただ、一部のカバーはほぼ日ストア特典ボールペンだとキツめになってしまうようで、その場合は細いペンを使ってください、とのこと。ちゃんと入るなら安心ですね。

来年の手帳カバーをどうするのか問題

今年のB印YOSHIDAのweeksカバーは「パスポート」と「コンテナ」に。「コンテナ」は昨年・今年の「サンドイッチカバー」から大きく方針転換してしまい、好きなシルエットではなくなってしまいました。でも、実物を見れば印象がまた違うのかもしれません。「これに1万3000円は出せないなあ…」「でも後で欲しくなってもなかなか買えないかもしれないしなあ…」と買うべきか買わないべきか悩んでいました。

www.1101.com www.1101.com

今のサンドイッチカバーには、3色ボールペンと3色フリクション、名刺数枚くらいしか入れてません。あまり入れすぎると膨らんでしまって、書き心地が悪くなってしまうのです。そしてそれ以外に持ち歩くべきアイテムも特にありません。
そう考えると、コンテナの特長である収納力の多さは私には必要ないのではないかと。

www.1101.com

たとえば、「ブックバンド weeks用」を使えば、ペンは2本まで一緒に持ち歩けます。また、「クリアカバー weeks用」を使えば、表紙の裏に名刺を挟んでおくことは可能です。簡易ポケットを作るシールを使えば、クリアカバーはなくてもいいかもしれない。両方を組み合わせるだけで、今とほぼ同じようなことができるのです。
また、2017年版のサンドイッチカバーは、アウトドア製品で使われているような素材で、まだ引き続き使えそう(2016年版は布ベースで劣化がひどく、使えそうにありません)。
なので、「ほぼ日手帳weeks MEGA」+「ブックバンド weeks用」+「クリアカバー weeks用」の組み合わせで2018年は頑張ってみようかなと。最悪、2017年のカバーをそのまま使えばいいし。

ただ、ブックバンドは人気カラーは在庫切れが心配。革の経年劣化具合が楽しめそうなので、ヌメがいいなあと思ってますが、去年もすぐになくなってたような気がします。
MEGAは11月販売開始なのであと2ヶ月も間が空くんですよねえ。とはいえ、送料が高いので今すぐにブックバンドだけ買うというのももったいない。悩ましいなあ。
とりあえずMEGAじゃない通常のweeksと一緒に確保だけしておこうかな? MEGAじゃなくてもいいかもしれないし。

mintax.hatenablog.com mintax.hatenablog.com mintax.hatenablog.com